ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶり 
2007.02.19.Mon / 23:50 
 なんと、2ヶ月ぶりの更新…。無読書とは縁がなく、何かしら読んでいるけれどいかんせん、(こんな言葉使う人いる?)読書量とブログアップがかみあわない。
読後、すぐに感想をタイプできればいいのだけど…。
ぼちぼち、綴っていこうっと…。
星々の舟
 
 村山さんは初めて読んだ。意外と面白くて、著者の年齢をみたらそんなに(多少)変わらない年代だったのでびっくり。甘いラブストーリーを書く人かとイメージしていたけど全く。。
小説の中で、父親が体験してきた戦争の話はしっかり描かれているなと思った。
異母兄妹の禁じられた恋愛や、自己を抑える恋愛ばかりしている末っ子、サラリーマンとしての人生に疑問を持ち居場所をみつけようとする兄。ワンマンな父親の過去と心の傷などがまとめられている。父親が、頑固で暴力的なのが気に入らなかったけど、読みすすんでいくうちに、ラストの章で父の、自分の子どもたちにむける想いや戦地で体験した慰安婦への想いが辛くて、彼なりの「愛し方」は穏やかで深いものなんだと…。

 いろんなものを背負っているけれど一生懸命生きよう!と思わせてくれた。
いい物語だったので他の作品も読んでみよう。。
スポンサーサイト
カフーを待ちわびて 
2006.12.20.Wed / 23:52 
カフーを待ちわびて 原田マハ/著
カフーを待ちわびて
「嫁に来ないか」と絵馬を残していた友寄明青の元に「お嫁さんにしてください」と手紙が届き、幸がやってくる。
リゾート開発でゆれる島の人たちと幼馴染たち、隣のユタのおばぁと、沖縄のはずれにある島を舞台にしたあきおとサチのラブストーリー。
「沖縄」をベースにした物語を読むと、ゆっくりとした時間や海や神や祈り、そしておばぁの存在が生きいきと描かれていて情景が浮かんでくる。
美しい自然のなかで、リゾート開発という利権がらみも出てくる。現実に沖縄の各地で起こっていることでもある。
 「シマチャビ」という言葉がある。「離島苦」といわれているもので主に教育や医療、それ以外にも離島ゆえのハンディがある。
島で生活する人(特に若者)にとって切実なものだ。「何もない」のが魅力とは思えない。どうしたって島に潤ってほしいと願う。
なぜ、こんなきれいな自然を壊すのか、と声高に言うのが外から移住してきた人…。そんな構図が現実味を出している。
妖精のような幸の美しさと島の美しさ、その情景がずっとイメージに残っていて、ああ、沖縄に行きたい(帰りたい)!と思ってしまった。
必ずサンダルをそろえる幸が印象的。
わけアリな過去をもつ雰囲気漂う幸を見つめながらも、なかなか積極的になれない不器用な明青に島育ち特有の純朴さが微笑ましい。
幸の過去が明かされたとき、ふたりのラブストーリーはようやく始まる
「カフー」は沖縄の方言で「幸せ」の意味。

 著者のマハさんは伊是名島でカフーという名の犬との出会いがきっかけでこの物語ができたそう。
おお、モデルは伊是名島だったのか~!
マハさんの実兄は原田宗典さん。宗典兄さんは、タイトルに反対したとか…。
こちらに物語ができるまでのエピソードや宗典さんのことを語っている。
宗典さんって優しくておもしろいなぁ~。
書店繁盛記 
2006.12.14.Thu / 23:49 
書店繁盛記 田口久美子/著
書店繁盛記
 書店業界の裏話。著者の田口サンはジュンク堂の社員さん。
書店オープンまでの道のりや、たまにいる変な?お客さんのエピソード、クレーム等々…。なかなか面白かった!
今ではオンライン書店が一般化しつつあって、大型書店はともかく小さな“本屋さん”はキビシイ状況であるとも聞く。

「日本の「知の現場」の水準を維持するのは、この書店という場に来てくださる読者というお客様なのです。決して創っている人々ではありません」


もっぱら図書館ばかり利用しているけど、本屋さんの新刊書のインクの香りや、ま新しい紙の手触りはキモチがいい。
「知の現場」っていい言葉!
本を買っていく読者のために書店で働く人たちの姿にも注目しようと思う。。

 近くに紀伊國屋書店(國が一度に変換しない!)ができたし、これからちょくちょく通ってみよう。。

四度目の氷河期 
2006.12.12.Tue / 23:13 
四度目の氷河期 荻原浩/著
四度目の氷河期
 小さな町で母親と暮らすワタル少年の成長記。
父親のいない混血児ということで、町の人や学校に馴染めなかったワタルは、自分の父親は「クロマニヨン人」と思いこみそのことが誇らしくもある。
クロマニヨン人というのが、何だか荻原サンらしいというか…。

 研究室に勤務する母親は、父親に関することをめったに話すことがなかった。それでもワタルを一生懸命育てている姿がとても心に残った。
ワタルが母親を思う気持ちも…。
幼稚園・小学校時代、何度も学校に呼び出されワタルの行動を注意されるが、母はあたたかくゆっくりと話を聞いてあげる。
「検証なくして真実なし」のポリシーがほほえましい。。
中学校・高校の思春期を恩師、悪友、サチとの必然の出会い、そして母との最期の別れはワタルを大きく成長させてゆく。

 「自分探し」がテーマの物語。荻原サンが伝えたかったことはラストにどーんと語られていて、ワタルが得た「今ここにいる奇跡」というものをしみじみ感じた。
それにしても…アイスマン、、見てみたい!
栗きんとん 
2006.12.10.Sun / 22:04 
 岐阜、中津川「すや」の栗きんとんを頂いた。
栗のつぶつぶが丁度いい舌ざわり…。ほくほくして美味しい!
う~ん、、うまく美味しさを伝えられないな。

 彦摩呂サンはどう表現するかな?

すや  栗きんとん

紀伊國屋書店 
2006.12.05.Tue / 23:55 
 わが街に大型ショッピングモールが開店した。
今日はプレオープンということで、昼休みに職場の女子とちょっとリサーチに行ってきた。

 おお~ デカっ! 広すぎてあちこち目移りしてしまう。
何よりも感激したのが『紀伊國屋書店』の進出。
たくさん本があって(当たり前だけど)買わずとも、うろうろするだけでも楽しいな~。今日は開店記念ということで、ハードボイルド作家北方謙三さんのサイン会があるらしい。(作品は読んだことない)
 ……やっぱり来た!アレが…。書店や図書館にいるといつもおトイレにかけこむワタシ。

 お化粧品やバッグ、靴をみたり、店員をひやかしたりとあっという間に昼休み終了時間になり
「またゆっくり来たいね」と。
スタバでコーヒーでも飲みたかったのにな。

 がしかし、この界隈には同じようなショッピングセンターが2つもある。
生き残るのに大変だろうな…

061205_1236~01.jpg 紀伊國屋書店
冬のおとずれ 
2006.12.04.Mon / 11:58 
 うう…寒いっ!やはり冬はやってくる。やはりね。
今年の秋が暖かかったので、もしや寒さはここまで?なんて、そんなことはない。

 寒いとやる気が起こらないワタシ。だから年末の掃除も気が重い。
と、ぼやいていたら、夏よりも冬の寒さがいいと言っている友だちから
「どうせやらなくてはいけない事なら、楽しくできるように工夫するんだよ。むりやり笑ってするのもいいよ」と叱咤激励された。
ごもっともなのである。
 
 最近、ツマリ気味。。便秘じゃなくて、思考、思考。
ブログのこととか、あれとか、これとか… 


ラジオからヤンキー先生 
2006.12.03.Sun / 23:56 
 昨日、娘を学校に送っていた帰りカーラジオから聴こえてくる声に「おや?」。
義家先生ではないですか!どうやら番組のパーソナリティみたい。元気そうだなぁ~なんて、何だか知り合いみたいな言い方だけど…。 以前、講演会に何度か足を運んだだけ。
 たまたまテレビでやっていたドキュメンタリーをみたのがきっかけで、「ヤンキー先生」に興味を持った。天神のホテルであった講演会に行ったとき、時間前に喫茶店で先生を見かけた。
端っこのテーブルにひとり座っていて何やら考え事をしていたなぁ。
きっと生徒のことを考えていたのかも。思い切って声をかけ……たかったけどちよっと勇気がなく、お茶を飲みながらチラチラと義家先生をみていたワタシ。
 講演では自分の生い立ちや教師になるきっかけとなった恩師との出会いをとてもしっかりした口調で話していた。二、三年前は精力的に全国各地を講演で回っていて、そのうちテレビや映画にもなった。
メディアに取り上げられ有名になるにつれ、バッシングも!
バッシングがきっかけになったのかはわからない。教師を辞めることになり、現在は横浜市の教育委員、そして政府の教育再生会議メンバーのひとり。

 孤独に震えていた不良少年だった彼だからこそ今苦しんでいる子どもに一番寄り添える、気持ちをわかってあげられる人ではないかなと思う。
かつての不良少年がみた夢を、子どもたちに発信してほしい。
不良少年の夢 義家弘介/著
不良少年の夢 ―全国から集まってきた高校中退者や不登校生徒と共に戦う“元不良”だった教師の熱き挑戦!
ささいなこと 
2006.11.30.Thu / 11:50 
 うちの職場は5階建ての3Fで、そのフロアには3つの事業所が入っている。
その3Fには女性が全部で3人。
トイレットペーパーが気になってしょうがない。

 いっつも、ペーパーが三角に折られている。女性は3人だから、やっている方はたぶん…とわかるのだけど、私はどうもこれが苦手。。
なぜ、するのかわからない。その方にとっては習慣のようなものなのかしらね?
用足してそのままの手で触れているわけだから…。
考えすぎ?
ホテル等の宿泊施設で清掃済みの印らしいけど。

いつも仲良くしているだけに、やめてほしいとは言いにくいしなぁ。


 これでございます。
トイレットペーパー

死神の精度 
2006.11.27.Mon / 23:58 
 週末に家にやってくる我が愛息。彼が楽しみにしているのが、今連載中の新聞小説。
伊坂幸太郎の「オーファザー」(のタイトルだったと思う…)
“伊坂さん面白い!”と絶賛している。
細切れに読むよりも、単行本になってから読めば?と言ってみたけど
一日の始まりの楽しみがいいらしい。
某国営放送の朝の連続ドラマと同じような感覚かも。

 伊坂サンは、積読が多いのです。いつでも読める、、なんて思っているから増えるばかり。
で、今頃「死神の精度」。やはり愛息が絶賛しているとおり、これも面白かった。

死神の精度 伊坂幸太郎/著
死神の精度
 千葉という名の「死神」が主人公。彼の仕事は事故死や事件に巻き込まれて亡くなる予定の人間を7日間調査し、死ぬべきかどうかを報告すること。「可」であれば死が実行され「見送り」であれば寿命まで生きる。
タロットカードのような死神をイメージするけど、この千葉さん何だか憎めない。
唯一の楽しみがミュージック!CDショップでヘッドフォンをして視聴をしている死神なんて…。意外。
「人間の死に興味はない」とあくまでも冷たいというかクールな中にも、そろっと人間の温もりも学んでいるようでそのボケた様子に好感がもてる。
 
 6つの短編は最後でまた、ああ…そうかと思わせてくれる。
あっ、あの時のね。。よかったぁとほっとしたのだった。

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。