ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
[本・(小説)]貫井徳郎 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転生 
2006.06.03.Sat / 23:25 
転生 貫井徳郎/著
転生
 心臓移植を受けた和泉は、手術後今までの自分とは明らかに違う嗜好が出たり、夢の中で恵梨子という女性が頻繁に現れる。もしかしたら移植提供をしてくれたドナーの記憶ではないかと考え、ドナー探しを始める。和泉は恵梨子への思慕は果たして自分自身の気持ちなのか、恵梨子の恋人であったドナーの気持ちなのか混乱してしまう。
ドナー探しを進めているうちに、和泉の心臓移植に関する秘密を知るようになる。
 
 人体は明らかに「意思」を持ち、その強い気持ちを受け止めてくれる魂とぴったり重なることはあり得るのではないか…。
 
 誰のミステリーだったか思い出せないけど、殺された被害者の網膜を解剖すると最期に見た映像が映るというもの。
人の想いは死なない。
夏樹静子さんの小説だったかなぁ。。
スポンサーサイト
慟哭 
2006.05.31.Wed / 23:50 
慟哭 貫井徳郎/著
慟哭
 幼女誘拐殺害事件を追う捜査一課長、佐伯と新興宗教にのめり込んでいく男の話と交互に物語が進んでいく。その男は犯人なんだろうな…と思いつつどこでどんな展開があるのかと期待しながら読んでいた。
佐伯の夫婦間のこと、不倫相手との別れ、そして愛する娘への思い。
マスコミに私生活のことでバッシングを受けながらも、毅然とした態度を崩すことがない彼と、物語のもう一人(?)の男との点と線。
ラストの逮捕の一場面ではちょっと驚いてしまった。
 貫井さんは小説の手法(?)が凝っていて、面白く読ませようという意識が強いのかな。
これからも楽しみに作家サンである。

プリズム 
2006.05.05.Fri / 23:05 
プリズム 貫井徳郎/著
プリズム
小学校の女教師が、自室で頭を殴られ死亡。そばには睡眠薬入りのチョコレートがあった。
殺人事件として扱われ、犯人を探すべく様々な推理が展開されていく。
 まず、クラスの生徒4人が真相を探ろうと学校へでかけたり、先生のアパートの大家さんに会ってチョコレートが入った宅急便のことを聞く。
この生徒たちの中の利発なクラス委員の女子が、この物語の鍵を握る人物なのだが(と私は思う)
真実は…・
 殺害された教師の同僚、被害者の元カレ、不倫相手(クラスの父親)と、犯人にされてもおかしくない人たちがそれぞれ、彼女を語りながら真犯人(?)をあれこれ推理していく。
面白かったのは、関わりのある人たちが語る彼女の見方がそれぞれ多角的であるとこと。
「よって、犯人はこの人」と結論づけるのが、そうなのかな?そうかもね…と思って読み進めたが、犯人はあなただ!というようなことは起きなかった。
 中途半端な結末というよりも、「推理は色々な角度からできるよ」と貫井さんの意図があるのかも知れないと思った。

などと、考えていたら著者あとがきでことわりが書いてあった。
なるほどね…。楽しめました!

さよならの代わりに 
2006.04.30.Sun / 23:59 
さよならの代わりに 貫井徳郎/著
さよならの代わりに
 久しぶりにタイムスリップもの。こちらの作家さんは初めてとりかかる。「慟哭」や「プリズム」「追憶のかけら」…と面白そうだなと思っていた。まず初めにこちらから、というより貸し出し中が多かったのでたまたま本棚で残っていた。
 劇団「うさぎの眼」の主宰者、新條雅哉が殺人事件の犯人として逮捕される。主人公、白井和希は未来からタイムスリップしてきた祐里と真犯人を追う。彼女にとっては祖父にあたる新條の逮捕を防ぐために…。
 物語の展開がある程度読めてきて、犯人もたぶんそうだろうなと思っていたらぴったり当たった。(-_-;)
主人公の和希がお人よしで、あまり女の子の扱いに慣れていなくて祐里のペースにいつの間にか乗せられていくのがちよっと安易すぎるかなとも思ったけど、彼女にとっては和希でなければならないのがお決まりのタイムスリップものである。
 どんなに避けようとしても「歴史は変えられない」と祐里のセリフがせつなかったけど、さよならの代わりにささやく祐里の言葉がさわやかだった。
 貫井作品、次を読むのが楽しみ!
| BLOG TOP |

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。