ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
[本・(小説)]内田康夫 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユタが愛した探偵 
2006.09.03.Sun / 16:24 
ユタが愛した探偵 内田康夫/著
ユタが愛した探偵
 うわっ!もう9月になってしもうた。。
毎日ブログを記していけるといいのだけど、仕事でもPCばかり使っているから目が疲れぎみ。
 浅見光彦シリーズ再読してみた。どんな展開で犯人は?と思いつつ…そうそう、こうだったわね。と。
 沖縄を舞台に、「ユタ」をクローズアップした物語。
犯人探しよりも、沖縄についての記述が興味深くて面白かった。特に「ユタ」については地元の人たちにとって認知(?)されている職業(?)で心の拠り所であるといってもいいくらい。
 青森の「イタコ」と似たようなものだけど…う~ん、ちよっと違うかな。。
同級生のお母さんも「ユタ」だった。
 見えないものが見えたり、霊的感覚が鋭いとか言われているのが一般的。ユタさんは数多くいてその中でも、生まれつき霊的に備わっている人は、性高生まれ(サーダカウマリ)といわれかなり位の高いユタである。私が初めてユタを信じるようになったのは弟がバイク事故を起こしたときだった。幸いにも人身事故でなく怪我も大したことはなかったけど。
しかし、、事故後がおかしかった。腑抜けのような感じでぼーーっとした日が続いていた。母は早速!ユタにみてもらったのである。

ユタさんはふつーうのおばあちゃんだった。

そのユタさんがおっしゃることには、事故現場にマブイ(魂)を落としたままだと。マブイを戻してやらなければならないって。
なんと、事故現場がどこかとか、どうやって事故ったかなど一切お話していないのにもかかわらず、すらすらと、あそこでこうだった云々…と話された。もうびっくりだった。どうして知っているの~。?
そして、事故当時着ていた服と現場から石だったか木だったか(記憶が曖昧)を数日間布団の下に敷いていた。もちろん御願も唱えてくれた。

果たして魂がに戻ったのか…魂を目にすることができないのでわからないけど、たぶんユタのマブイ込めは成功したと思う。
弟は元気になったのだから。

 で、浅見サン「ユタ」からも好意を寄せられるのにいつになったら愛する女性が現れるのでしょう・・・。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。