ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きけわだ 
2006.08.17.Thu / 22:46 
きけわだつみのこえ‐日本戦没学生の手記
きけわだつみのこえ―日本戦没学生の手記
高校生の頃、先生がしきりに「きけわだ、きけわだ」と言っていたのを思い出す。
それが通称になっていたみたい。
「わだつみ」は「海」のこと。
高校時代に読んだ時は、若き青年たちの文体に圧倒されて途中で断念した。
いつかまた読もうと思って…。
 大学生の時も読み返した。同じ年齢に達しても彼らとは比べものにならないすごく子どもっぽい現代大学生の自分を知る。20代の頃は自分自身と照らし合わせて感じるものがあった。学徒兵やまた、ひめゆり女学生たちに対して、青春を謳歌できなかったことへの憐憫。
日本はあの戦争で優秀な学生たちをどれくらい失っただろう。
彼らが生き続けていたならば、政治、経済、芸術…などこの国は今よりも心の豊かな国になっていたのではないかと思う。
 知覧特攻隊員の達筆な遺書や無言館の画学生たちの絵などを通して痛感する。

毎年、6月の沖縄慰霊の日から8月6日広島、9日長崎、そして15日と日本は祈りに包まれる。
「生きて虜囚の辱めを受けず」と教えられ家族で自決した人たち、水が飲みたいと焼け野原で呻いた人たち、戦後生まれの私には映像や記録でしかわからない。いつまでも忘れないようにしたい。
伝えなくてはいけない。

 帯には谷川俊太郎の詩が。

死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残せなかった
平和ひとつのこせなかった

死んだかれらの残したものは
生きてるわたし生きてるあなた
他には誰も残っていない
他には誰も残っていない

スポンサーサイト
* スポンサーサイトきけわだへのコメント *
   非公開コメント  
* スポンサーサイトきけわだへのトラックバック *
スポンサーサイトきけわだのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

慰霊の日慰霊の日(いれいのひ)は、1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで沖縄県が毎年6月23日と定めた記念日である。毎年この日には糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれる。また、沖縄県内の地方自治体では公休日とされ、役所
2007.04.07.Sat .No19 / 日本の記念日 / PAGE TOP△

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。