FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
ブラバン 
2006.10.29.Sun / 23:21 
ブラバン 津原泰水/著
ブラバン
 何よりも“ブラバン”、タイトルに反応してしまう。
昔のブラバン少女(むかしはね、少女!)なので吹奏楽フリークを自認している者としては読まずにいられようか。。
 表紙の女生徒のイラストのイメージとは違う、とても大人ぽいブラスバンド仲間の物語だった。
広島の高校が舞台なっている。作者が広島出身、高校時代は吹奏楽部でコントラバスを弾いていたようなので、津原サンの体験なのかな。
ページをめくると、ブラバンメンバー全員、登場人物がズラリと書かれてある。高見沢庸子(Ob)、沖田小夜(B♭Cl)、君島秀嗣(A,Sax)…という具合に。Obはオーボエ、B♭Clはクラリネット、A,Saxはアルトサックス
担当楽器付き。そういうのを見ると、思わずニヤリとしてしまう。
なつかしい!
高校を卒業して25年ぶりに、あの頃のメンバーでブラバンを再結成するということを軸に、弦バス担当だった他片の語りで、高校時代のバンド部を振り返っている。作中の主要曲の解説もあって楽しめた。
 
 ワタシのブラバン時代も青春そのもの。当時、合宿にはOBも参加していて和気あいあいとしたものだった。同じく誰と彼とがつきあっているとかの話もあったし。OB会もあったはず。地元を離れてしまって情報がないけれど、うちのブラバンでも再結成の話、ないかしら。。
 来週の連休はマーチング九州大会がある。息子の母校が前日に本番前の披露があるらしく、0B保護者にも案内があった。楽しみ!
 

楽器を極めるたれに必要不可欠なものは何か。センス?情熱?器用さ?どれも間違いではないが究極の答えでもない。正解は、持って生まれた肉体だ。ピアノにはピアノ向きの手、ベースにはベースむ向きの腕と指先、サックスにはサックス向きの歯並びと横隔膜。それらを親から与えられなかった者がいかに努力しようとも、残念ながら与えられた者との距離は永久に縮まらない


 ワタシは、下手の横好きで6、7年楽器を吹いていた。生涯、極めたいなどとは思わず、皆で音を合わせて曲を作り上げていくのが楽しかった。できるなら、チャンスがあればまたあの世界を体感してみたい。
スポンサーサイト



* ブラバンへのコメント *
おぉ、ブラバン仲間がここにも!けっこう多いですよね~。
読まずにはいられないですよね~!
なんか「ブラバン」ってところにばかり注目して読んでしまい、肝心のストーリーがおろそかになってしまった自分がいます(汗)。えーと、ラストはどうだったんだっけ…(滝汗)。

chiekoaさんへ
 chiekoaさん
タイトルのイメージとは違って結構、大人の(?)ストーリーでした。ジャズの話も多かったし。
再結成はうまくいったようないかなかったような…(ちゃんと読んだのか?!) 汗。。

はいびすかすさん、こんにちは。
吹奏楽フリークを自認されていて、ブラバンが青春そのものと言い切れること、素晴らしいですね。
楽器ができると、すぐにセッションとかも演奏できそうで、うらやましいです。
かろうじて文化系クラブだったので、当時の雰囲気を思い出したりしました。

 藍色さん
こんばんは。
かつて、吹奏楽部に所属して人も含めて、吹奏楽人口ってかなりいるのでは…と思っています。
私は今でもブラスの音が聞こえるとざわざわします(笑)
津原さんは初めて読んだのですが、他の作品も読んでみようと
思います。

   非公開コメント  
* ブラバンへのトラックバック *

ブラバン発売元: バジリコ価格: ¥ 1,680発売日: 2006/09/20売上ランキング: 4018posted with Socialtunes at 2006/11/02津原泰水氏の本を読むのは三冊目です。最初は「赤い竪琴」を読み、オトナな恋愛小説にうっとりし、次に「綺譚集」を読み、その耽美的怪奇ホラー系の短
2006.11.04.Sat .No10 / 本を読む女。改訂版 / PAGE TOP△

ブラバン津原 泰水 バジリコ 2006-09-20「結婚式の披露宴で高校時代の吹奏楽部のバンドに演奏してほしい」―当時の先輩・桜井からそんな依頼をされた他片。四十代になり、今はそれぞれの生活を送っている総勢三十四名のメンバーたち。「再結成」のために動きだした彼らと、
2006.11.16.Thu .No11 / + ChiekoaLibrary + / PAGE TOP△

装画・挿画は福山庸治。装丁は松本美紀。大学卒業後、八年間、少女小説作家として活動。1997年「妖都」を上梓。主な作品「少年トレチア」「綺譚集」「赤い竪琴」など。語り手の他片等(たひらひとし)は、赤字続きの酒
2006.12.09.Sat .No17 / 粋な提案 / PAGE TOP△

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.