ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパとムスメの七日間 
2006.11.18.Sat / 14:46 
パパとムスメの七日間 五十嵐貴久/著
パパとムスメの7日間
 電車事故で父と娘の体が入れ替わってしまい、父は女子高生の娘は冴えないサラリーマン生活を体験するという物語。
「入れ替わり」モノのお話は結構あってどれもドタバタ劇で、今まで気づかなかった相手の生活や心境に戸惑いながらも、反発しそれでも認め合い気遣いを見せたりする。
 でも、、うら若いムスメとパパの入れ替わりはワタシだったら嫌だなぁ…。父親は異性なわけだし。
パパがお風呂に入るときは、ムスメの小梅はわざわざ一緒にお風呂についていってパパ(自分の体)に目隠しをし、体には触れさせない。
七日間といってもなかなか根気がいる。それにママは何も知らないからママがみたらこの光景はさすがにマズイだと思うのだけど。。
小梅のボーイフレンドとのデートでは、ぜったいぶち壊してしまおうと考えているけれど彼が思ったより真面目でいい子であることに戸惑いを感じる。そのデート中、小梅(体はパパ)は心配でずっとついていってふたりの会話中に携帯電話をかけ指示する場面は面白くて笑える。
 
 会社ではパパは「御前会議」とよばれる会議で新商品の発表をするのだが、旧態依然とした社内やパパの立場に唖然としながらこれが大人の世界なのか、会社ってこんなものなのか…と今ドキの女子高生小梅はびっくりする。
会社ではいっさい発言をせずまわりに合わせているだけでいいとパパから言われていたにもかかわらず、堪らず小梅は会議で前代未聞の行動をとってしまう。それが功を奏し意外な展開を始める。

 「父と娘」は思春期になると会話も少なく疎遠になってしまう。
ワタシも父とは話す方ではなかったなぁ。
母をクッションにして伝えていたことが多々。
どちらかというと苦手で好きな方ではなかった。父も寡黙で気持ちをストレートに表現する人ではなかったがそんな父がワタシの結納のときに大泣きしていたのを見て父の愛情の深さを感じたことだった。
今でも父とは多くは話すほうではないけど、親子の絆というものは深くてずっと繋がっていることを心の底では感じている。

 ラストでのハラハラした事件と二人のハッピーエンド。
コメディタッチのほのぼの感。
スポンサーサイト
* スポンサーサイトパパとムスメの七日間へのコメント *
はいびすかすさんは、たくさん本を読まれていますね。
わたしは、最近、全然本を読まなくなってしまいました。
読みたいなァって思って本を買ってあるのに
ベッドの横に放置したまま・・・・。
以前は長編小説が好きで読み出すと止まらなかったのになぁ。

わたしも、はいびすかすさんを見習って
また本を読む時間を作って行きたいなと思う今日この頃です。

マンゴープリンさんへ
マンゴープリンさんこんにちは!
読書は楽しいですね!
本も“出合い”のひとつで、感動や喜びなどいい本に
めぐりあえたら心が豊かになった気がします。

私も積読になってしまうことがありますが、読んだ本は忘れない
ように記しておこう…と思って始めたブログです。がっ、、しかし
独り善がりになっていて、最近少し、「こんなブログ・・」と
思っていることがしばしば。。 はぁ~。v-390

 マンゴープリンさんのおススメの本、ありましたらぜひ
紹介してくださいね。


はいびすかすさん、こんばんわ。
コミカルでほのぼのしていて、読んでいて楽しかったです。

私も同じく父との入れ替わりだけは、やめてほしい!と思ってしまいます。思春期の頃って、特にそうですよね。そんな小梅の気持も、パパの邪険にされても娘を愛してるという気持もわかるだけに、この組み合わせは絶妙だなぁ・・と思ってしまいました。

はいびすかすさん、はじめまして。
juneさんのブログから、うかがいました。

入れ替わってからのあわててる様子、その後の、涙ぐましい(?)カモフラージュの日々、笑えました。
元に戻ってからの、表面は変わらないように見えても、認めあえるようになった所が、良かったです。

トラバさせていただきました。
コメントやトラバ返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さんへ
藍色さん初めまして!
コメント、TBありがとうございました。嬉しいなぁ~。

同じ本を読んで、気持ちを分かち合えるって
いいわ~。。。v-410
こちらこそどうぞ、今後ともよろしくお願いします。

TBさせていただきますね。v-290
 

v-10こんにちわ★☆色付きの文字私も仲間に入れてくださいv-421

太字の文こんにちはv-423v-410

v-35

ドラマ化してほんと~にうれしいで~す!!!v-238

   非公開コメント  
* スポンサーサイトパパとムスメの七日間へのトラックバック *
スポンサーサイトパパとムスメの七日間のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パパとムスメの7日間イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳ある日突然「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら?ドキドキの青春あり、ハラハラのサラリーマン人生あり。ハートウォーミングな家族愛を描いた笑...
2006.11.26.Sun .No12 / 本のある生活 / PAGE TOP△

装画は野田あい。装丁は柳沼博雅(バーソウ)。2002年、「リカ」で第2回ホラーサスペンス大賞を受賞デビュー。読んだ作品「1985年の奇跡」「安政五年の大脱走」「交渉人」「FAKE」「TVJ」「2005年のロケ
2006.11.27.Mon .No13 / 粋な提案 / PAGE TOP△

パパとムスメの七日間削除提案中現在、この項目の一部の版または全体について、に従って、削除が提案されています。削除についての議論は、ので行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。}||依頼サブページはまだ作成されてい
2007.08.07.Tue .No21 / みきの日記 / PAGE TOP△

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。