ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死神の精度 
2006.11.27.Mon / 23:58 
 週末に家にやってくる我が愛息。彼が楽しみにしているのが、今連載中の新聞小説。
伊坂幸太郎の「オーファザー」(のタイトルだったと思う…)
“伊坂さん面白い!”と絶賛している。
細切れに読むよりも、単行本になってから読めば?と言ってみたけど
一日の始まりの楽しみがいいらしい。
某国営放送の朝の連続ドラマと同じような感覚かも。

 伊坂サンは、積読が多いのです。いつでも読める、、なんて思っているから増えるばかり。
で、今頃「死神の精度」。やはり愛息が絶賛しているとおり、これも面白かった。

死神の精度 伊坂幸太郎/著
死神の精度
 千葉という名の「死神」が主人公。彼の仕事は事故死や事件に巻き込まれて亡くなる予定の人間を7日間調査し、死ぬべきかどうかを報告すること。「可」であれば死が実行され「見送り」であれば寿命まで生きる。
タロットカードのような死神をイメージするけど、この千葉さん何だか憎めない。
唯一の楽しみがミュージック!CDショップでヘッドフォンをして視聴をしている死神なんて…。意外。
「人間の死に興味はない」とあくまでも冷たいというかクールな中にも、そろっと人間の温もりも学んでいるようでそのボケた様子に好感がもてる。
 
 6つの短編は最後でまた、ああ…そうかと思わせてくれる。
あっ、あの時のね。。よかったぁとほっとしたのだった。
スポンサーサイト
* スポンサーサイト死神の精度へのコメント *
はいびすかすさん、こんばんは。
こちらにも、お邪魔しますね。
普段はクールなのに、会話になると変な言葉遣いになっちゃう、
千葉さんのギャップが笑えました。
愛息さんが絶賛していらっしゃるように、伊坂さんは面白いですね。
連載中の新聞小説、単行本化が楽しみです(私もまとめて読むタイプ、笑)。
伊坂さんのレビュー、いくつかありますので、またお気軽にコメント、トラバをどうぞ。

 藍色さん
ありがとうございます~♪
伊坂さんは結構、積読しています。。
今、旬な作家ですね。図書館へ行ってもほとんど貸し出し中
なんですよ。
藍色さんのレビュー、お邪魔いたします!

   非公開コメント  
* スポンサーサイト死神の精度へのトラックバック *
スポンサーサイト死神の精度のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

写真は藤里一郎。表題作で、第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞。「2006年度版このミステリーがすごい!」の国内編第12位を獲得。情報部からのわずかな情報をもとに、その時々で姿形を決められ七日間対象者を
2006.11.29.Wed .No16 / 粋な提案 / PAGE TOP△

プロフィール

はいびすかす

Author:はいびすかす
今日も物語とともに。

  


にほんブログ村 本ブログへ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

MyblogList

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 読書のおと All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。